手術・治療メニュー
二重・目元
目の周りのお悩みを解消して若々しい目元に よだ形成外科クリニックの目元治療
フォトフェイシャル最新機種M22 よだ形成外科クリニック
ラシャスリップス
炭酸ガスメソ
小顔注射BNLS
クリスタルトマト
ヘリオケア
レスベラトロール
KIP
パントガール
小顔注射BNLSスマートフォンサイト
安全で確実 人気の医療レーザー脱毛
若返り治療専門サイト
医療レーザー脱毛専門サイト
男の悩み
オーパス・ソラーラ(ライムライト)薬事法承認機
眼瞼下垂とは・その治療
ケロイドを直す
当クリニックの麻酔について
治療費用一覧
お支払い方法のご案内
未成年者親権者承諾書ダウンロード
採用情報
当院おすすめスキンケア用品
病院・医院検索のご案内
病院・医院検索のマイクリニック

口元・耳・ピアス

施術解説

口元・耳・ピアスの代表的な悩み

口元の悩み

口元の印象を変化させるとチャーミングになります。唇の悩みは、(1)「薄い唇を厚くしたい」、逆に(2)「厚い唇を薄くしたい」、(3)「口角を引き上げたい」ということがほとんどでしょう。
(1)は、皮弁を作成して膨らみを作る方法と注入術により増大する方法があります。(2)はWet lip(ぬれている唇)を切除することでボリュームダウンを行います。(3)は口角下制筋という筋肉の動きを弱めるボトックスを注射することで改善してきます。

耳の悩み

耳の悩みとしては、たち耳、埋没耳が代表的なもので、形成外科的に治療することができます。耳の施術の多くは健康保険適応となります。
ピアスを引っかけて耳たぶが裂けてしまうことがあります。この場合、耳垂裂施術を行います。単純に縫合を行うと、耳たぶの輪郭がうまく再現できないことがあるため、形成外科的テクニックを要する施術です。

ピアス

ピアスは、医療行為であり、医療機関で行わなければなりません。美容形成外科クリニックならではの、丁寧なピアス作成にこだわっています。ピアッサーのみならず、医師が行う、刺激の少ないシリコン性のピアスによるファーストピアスの装着を行っております。
ピアスホールを取り去りたいというご相談も多く伺います。自己ピアスなどは不規則で大きなホールになってしまうこともあります。形成外科的テクニックで、耳たぶの修正と再建を行う必要があります。

▲このページのトップへ

施術メニュー

口元・耳・ピアス

▲このページのトップへ